長町古本とそばとパン【蕎麦編】

萬葉堂書店から旧国道286号線をプラプラ歩いて5分、ほどなく、看板が見えてきます。
道路から、敷地に入ると、そこはちょっと異空間。
たくさんの木と、古い日本家屋が『迷い込んだ感』あり。
築100年という建物は、やはり気持ちがゆったりします。
こんな家に住んだことはないのですが、なぜか懐かしいのは日本人のDNAのせいでしょうか? 
ならば外国の方がその空間に一歩足を踏み入れた瞬間、日本的な何かをきっと感じることができるはず。

みんなで違う種類のおそばを注文して食べました。
100年の時を刻んだ建物と、お庭がつくる“空気”と相まって、とてもおいしいおそばでした。

さあ、次は同じ敷地内のパン屋さんへ!

ドミトリー

相部屋でお泊り頂くドミトリー
少ない予算でご宿泊いただけます。

連泊でしたら、だいぶ節約できておいしいものがたくさん食べられるかも?

ほかのゲストとの交流も魅力です!